永久脱毛

永久脱毛とは?エステでは永久脱毛できないの?

永久脱毛とは名前の通り、その部位のムダ毛が永久に生えてこないように処理することをいいます。
ある脱毛を行い、仮に30年間はムダ毛が生えてこなかったとしても、その後にムダ毛が生えてきてしまえば、厳密には永久脱毛といえなくなります。
そこで、永久脱毛に定義が設けられました。

 

米国電気脱毛協会によると、最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であることを永久脱毛の定義として設けています。
しかし、身体の部位によって毛が生えるサイクルは違ってきます。
ハードル大学のグループは新たな定義を提唱しています。脱毛施術後に身体の各部位における毛周期を超える期間で、終毛の数が明らかに減少している状態が持続することを永久脱毛の概念とするものです。

 

現在は、ハードル大学が提唱する概念が、永久脱毛の定義として支持されています。
このような事を当てはめて考えると、クリニックなどの医療機関で行われる医療レーザー脱毛も、エステやサロンで行われる光脱毛やフラッシュ脱毛も、永久脱毛の一種であるといえるでしょう。

 

しかし、エステやサロンでの脱毛には制限があります。
医療資格を持っていない人間では使えない脱毛機器があります。逆にいうなら、医療機関だからこそ出力の強い、より効果の高い脱毛機器を使用することが出来ます。

 

なので、永久脱毛の定義に極めて近いのは、クリニックなどの医療機関で行われる医療レーザー脱毛なのです。

 

永久脱毛に副作用ってあるの?

 

ムダ毛の再生率が極めて低いことから、永久脱毛が可能として認知されているのがクリニックなどの医療機関で行われている医療レーザー脱毛です。
しかし、医療レーザー脱毛に関して副作用があると噂されています。中でも、皮膚ガンを患ってしまうことを心配している方が多くいます。

 

しかし、医療レーザー脱毛に副作用はありません。レーザーの光は皮膚表面から3ミリから4ミリ程度の場所、つまり毛包に達する程度の深さまでしか届かないようになっています。
ですから、血管や内蔵に何らかの影響を与えることはないのです。

 

ガンに限らず、体内に何らかの副作用をもたらす心配はないのでご安心下さい。
また、皮膚ガンの原因となるのは紫外線であり、レーザーの光は赤外線に近いものですから、皮膚ガンが副作用として引き起こることはありません。

 

もちろん、永久脱毛の効果が現れにくい部位や体質の方はいます。というのも、医療レーザー脱毛は皮膚の下の黒い毛、及び毛根に熱を吸収させて、その後の放熱によりダメージを与えることで毛が生えなくなる原理を利用しているので、産毛などの細い毛では脱毛効果が発揮されにくいのです。
副作用をはじめ、様々な悩みを解消してから永久脱毛をするためにも、信頼のおけるクリニックなどの医療機関を利用することをおすすめします。

 

永久脱毛の値段の相場はどれくらい?

 

その部位から永久に毛が生えてこないように脱毛処理を行うことが永久脱毛ではありません。
永久脱毛には、米国電気脱毛協会が定義を設けています。

 

最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であればよい、これが永久脱毛における定義です。
ですから、脱毛をした部位から新たなムダ毛が生えてきたとしても、その期間と再成立が定義を満たすものであれば、永久脱毛といえるのです。

 

かといって、どこで脱毛をしても同じというものであはありません。
エステサロンよりも、クリニックなどの医療機関でのみ行われている医療レーザー脱毛の方がレーザーの出力やパワーが強いため、より永久性の高い脱毛であるといえるでしょう。
けれども、1回あたりの価格は高いのも確かです。

 

両ワキだけであっても、相場価格は8000円から15000円程もかかります。
これだけ見ても、エステサロンよりも高いのがわかります。
他の部位に関しても、医療レーザー脱毛は相場が高い傾向にあります。

 

しかし、あくまでも1回あたりの価格です。脱毛を完了するために必要な回数を考えると、1回あたりの脱毛効果が高い医療レーザー脱毛の方が少ない回数で脱毛を完了することが出来るのです。
総合的な価格を考えると、医療レーザー脱毛の方が少ない費用で永久脱毛が出来るといえるでしょう。